純金積立の税金は譲渡課税の方が安いです

継続的に営利目的の売買を繰り返した場合は雑所得になる可能性があります

ここで純金積立における税金の概要について解説していますが、個々の実務的な税務については、取り扱い会社や税理士のような税金の専門家にご相談くださいね。

利益にかかる所得税は「雑所得」か「譲渡所得」で支払う

純金積立で利益が出たら、確定申告が必要です。その税金計算は「雑所得」で計算して支払うか、「譲渡所得」で計算して支払うか、になります。結論から言えば、「譲渡所得」、特に5年以上経た取引として支払えば税金は安くなりますが、条件があります。

その条件は、継続的に営利目的の売買ではないことです。どの程度の期間や、どの程度の頻度で売却を繰り返したら、その条件になるかは税務署の判断によります。(取り扱い会社の見解によれば、頻繁に売買しなければ基本は譲渡課税のようです。)

どちらにしても、所得が年間2000万以下で他の雑所得と合わせて、20万円以下の利益であれば税金は無料です。譲渡所得であれば50万円以下の利益であれば、無税ですね。

所得税 条件 税金の計算式(概要)
雑所得 継続的、営利目的の売買 売却価格−(購入価格+手数料)−20万円
譲渡所得 上記でない資産の譲渡 5年以内:売却価格−(購入価格+手数料)−50万円
5年以上:5年以内の半額

管理人の考えは、5年以上積み立てて譲渡所得で、金が爆上げした場合が最高です。皆さんも、そうですよね。

● 取り扱い会社の見解は?岡藤商事と田中貴金属の例

以下は、岡藤商事と田中貴金属のウェブサイトからそのまま引用させて頂いています。両社とも基本は譲渡課税との見解です。

■岡藤商事:http://www.turtleplan.jp/
保有する地金や金貨を売却することで得た利益は譲渡所得として扱われ、総合課税方式による申告納税となります。但し50万円の特別控除がありますから、他の譲渡所得と合わせ譲渡益(この場合売却益)が年間50万円までは実質的には非課税となります。 なお、「タートルプラン」により購入したゴールドの売却益は、原則として譲渡所得扱いとなりますが、頻繁に売却を行なう場合などは、営利を目的として継続的に行われる譲渡となり、雑所得扱いになることもあります。税金に関する詳しいことは所管の税務署または税理士にご相談下さい。

■田中貴金属:http://gp.tanaka.jp/
「金」や「プラチナ」の売買益は一般的に譲渡所得として扱われ、総合課税方式による申告納税となります。G&Pプランナーによって購入された「金」、「プラチナ」の売却益は、原則として譲渡所得扱いとなりますが、頻繁に売却を行なう場合などは、営利を目的として継続的に行なわれる譲渡となり、雑所得扱いになることもあります。税金に関する詳しいことは所管の税務署または税理士にご相談ください。