岡藤商事とKOYO証券はスプレッドが他社より50%も安い

買値と売値は会社側からの用語なので勘違いしやすい

スプレッドは買値と売値の差。狭い方がお得

スプレッドとは純金価格の買値と売値の差です。これだけでは、始めて聞いた人は何だそれ?といった感じですね。

簡単にイメージしてみてください。「1000円で純金を売ってもいいよ」と言うA さんと、「950円で純金を売ってもいいよ」と言うBさんがいたら、どっちから純金を買いたいですか?

当然、Bさんですよね!安く売ってくれる人の方がいいに決まっています。

では逆にあなたがもっている純金を売りたい場合。Aさんは「900円なら買ってもいいよ」。Bさんも「900円なら買ってもいいよ」です。どちらに売りたいでしょうか?

まあどっちでもいいけど、安く売ってくれたBさんに気を使うでしょうか。

まとめますと、Aさんは「1000円で売ってくれる、900円で買ってくれる。買値と売値の差は100円。」Bさんは「950円で売ってくれる、900円で買ってくれる。買値と売値の差は50円」。はい、この売値と買値の差がスプレッドです。

- (顧客が)買いたい価格
(会社の)売値
(顧客が)売りたい価格
(会社の)買値
スプレッド
Aさん
スプレッドが広い会社
1000円 900円 100円
Bさん
スプレッドが狭い会社
950円 900円 50円
お得!

管理人の考えは、スプレッドは狭い方がお得。これは皆さん、同じ考えですよね。

● 勘違いしやすい買値と売値。会社の立場で考えよう

上記の例を見ると、どちらも売値の方が買値よりも高くなっています。賢い人は、これ買ってすぐ売れば、利益が絶対出るよね?と思うかもしれません。しかし、この売値とは会社側から考えた売値です。

私たち顧客が買いたいということは、会社側は売る立場です。だから売値。顧客が売りたい場合、会社側は買う立場。だから買値。会社ウェブサイトや新聞などで買値や売値と記載されていますが、それはすべて会社の立場からの呼び方です。と説明しても、ときどき混乱します。間違わないようにしましょう。

● スプレッドは会社の収益源。顧客的には狭い会社の方がお得

上記の逆に考えると、純金を買ってすぐに売ると顧客は必ず損をします。逆にいえば、会社は利益になります。このスプレッドは純金取り扱い会社の収益源の柱の1つとなっており、手数料や年会費が無料の会社がある理由は、このスプレッド収益があるためです。

ちなみに、会社がずるをしているわけではありません。FXや株、金の先物のような金融取引にもこのスプレッドは存在します。でも広すぎるのは、顧客的にはあまりうれしいものではありませんね。スプレッドは会社により異なります。以下で、スプレッドを一覧にしています。

なおスプレッドは相場環境によっては変化することがあります。最新情報は会社のウェブサイトで確認してください。